食中毒

食中毒の原因は、ウィルスや細菌、自然毒、寄生虫など様々あり、食べてから症状が出るまでの期間や症状、また予防方法も異なります。主な症状は下痢やおう吐、発熱、神経症状です。一般に気を付けなければならないとされている食材は、生の魚介類や肉類、発酵食品、キノコ類です。しかし、基本的に口に含む前段階で食中毒の原因となる細菌やウィルスを①付けない処理②増やさない処理③殺す処理がされていない全ての食材や飲料に注意が必要です。代表的な食中毒は、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌(O157など)、ノロウィルスです。

「食中毒」の新着記事