骨粗鬆症

骨の強度が落ちてもろくなる病気。骨内部のキメが粗くなってスカスカになり、骨折を起こしやすくなる。初期では自覚症状がなく、いつの間にか症状が進行していることがあるため、「サイレント・ディジーズ(静かな病気)」ともいわれる。症状の進行とともに、身長の低下、腰や背中の痛みなどの症状が現れ、脊椎圧迫骨折や脆弱性骨折(ちょっとした衝撃で骨折すること)を起こすこともある。加齢や閉経、生活習慣、特定の疾患や薬の服用などが原因で発症するため、高齢者や女性に多いが、若い人でも発症するケースがある。