Tags:
348views
2016年10月14日更新

虫歯を削らず治す?歯ぎしりで不調に?若い女性にも増えている舌癌とは?歯周病と糖尿病の関係は?オーラルケア・フォーラム2016

2016年12月17日(土)開催のオーラルケア・フォーラム2016では、「肩こりや頭痛の原因は歯の食いしばり」「歯周病が糖尿病を誘発」「歯をあまり削らず治す虫歯治療」「若い女性に舌がん増加」など、日常生活に関係が深いテーマの講演があります。
348views

2016年12月17日(土)にオーラルケア・フォーラム2016が開催されます。

このイベントは、日本の歯科界を代表する4名の大学教授が、一般の方向けに最新の歯科治療について講演を行うものです。

「肩こりや頭痛の原因が実は歯の食いしばりにあった」
「歯周病が糖尿病を誘発する」
「歯をあまり削らず治す最新の虫歯治療」
「若い女性に舌がんが増えている」

など、私たちの日常生活に関係が深いテーマが取り上げられる予定です。

カルー編集部では、オーラルケア・フォーラム2016の共催者である株式会社Doctorbookに、今回のイベントについてインタビューを行いました。

1.オーラルケア・フォーラム2016について教えてください。

オーラルケア・フォーラム2016は、Doctorbook社および朝日新聞出版社の共催により、12月17日土曜日東京医科歯科大学を会場として開催いたします。

「大学教授に聞く!オーラルケア」~知っていれば予防できるお口のトラブル~
と銘打ち、一般の方々にご参加いただけるフォーラムとなっています。

専門医の臨床知見を届け、歯科医療に対する理解と関心を深めていただき、一般の方の健康維持および増進を目指すことを目的としています。

2.講演される先生と講演内容について教えてください。

当日は、現在の歯科医療を牽引される大学教授の先生方にお話しいただきます。

  • 日本大学歯学部(保存修復学教室) 宮崎真至教授
  • 昭和大学歯学部(補綴学講座) 馬場一美教授
  • 東京歯科大学(口腔顎顔面外科学講座) 柴原孝彦教授
  • 東京医科歯科大学(生体支持組織学講座歯周病学分野) 和泉雄一教授

「身体の健康はお口から」と言われるなか、QOL(生活の質)を高めていくために絶対に知っておくべき歯科に関する知識について、各領域の専門家である大学教授陣にやさしく分かりやすく解説していただきます。

Q1. 虫歯は削らなくても治せるってホントですか?!
Q2. 歯ぎしりで身体の不調が生じるってホントですか?!
Q3. 若い女性にも舌癌が増えているってホントですか?!
Q4. 歯周病が糖尿病のリスクになるホントですか?!

3.どのような方に向けたフォーラムでしょうか?

普段の生活で口の中に大きな問題は感じないけれど、「虫歯が無いか心配」「忙しくて毎日歯磨きできない」など、お口の中のことで少しだけ気になることがある方にご参加頂きたいです。

お口のトラブルは起こってしまった後では、なかなか治療が難しいことも。

予防方法を知ることで、ずっと健康に過ごすことが出来ます。

ぜひ、今回の機会に、お口の中のことを身近に感じて見てください。

4.参加するにはどのようにしたらよいでしょうか?

申し込みサイトから簡単にお申込み頂けます。

オーラルケア・フォーラム2016特設サイト

当日は、人気書籍「日本人はこうして歯を失っていく」(朝日新聞出版)をはじめ、歯周病ケア薬用ハミガキなど、ご参加の皆さまへのおトクなプレゼントを予定しております。

先着300名様限定となっておりますので、お早目にお申込みください。

5.最後にCalooマガジンの読者の方に向けてメッセージをお願いします

お口の健康は、身体全体の健康と大きく関係しています。

ぜひ、この機会に、正しい知識を身に着け、一生健康で、美味しくご飯を食べられるようにしていきましょう!

ご参加お待ちしています。

オーラルケア・フォーラム2016 紹介動画

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
calooマガジンの最新情報をお届けします
コメント
まだこの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

CAPTCHA