2016年10月4日更新

小林麻央さんの乳がんステージ4を「治す」発言から考える自然治癒の可能性

小林麻央さんが10月3日、自身のブログで乳がんのステージ4を報告しました。しかし、その中で麻央さんが見せた「治したい」という奇跡に向けた発言。それを受けた医師、そして夫の市川海老蔵さんの反応は非常に好対照です。がんが自然に治る、そんな奇跡。
921views

1. 小林麻央さんのブログ「KOKORO.」から感じる、大きな大きな心の声

いつも通りの重大発表、それより大事な重大宣言

市川海老蔵氏の梨園の妻である小林麻央さんが運営するブログ「KOKORO.」で、2016年10月3日、自身の乳がんの

ステージ4と大きな想いを宣言しました。

乳がんは、しこりの大きさ(T)・リンパ節転移の有無(N)・遠隔転移の有無(M)によって、「TNM分類」と呼ばれる方法で分類されます。

TNM分類された結果によって、ステージ0~IV期の8期に分類されます。

(中略)

ステージIV 乳がんが、骨・肺・肝臓・脳など、他の臓器へ遠隔転移している

引用:乳がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方-がんの基本

小林麻央さんの記事の特徴ですが、わりと重要な情報を記事のなかにサラッと含めています。

今回も、小林麻央さんの乳がんの病状が、最も進行度が高いステージ4であることが明かされました。

前の私なら、
言えなかったことも
今は言えたりします。

私はステージ4だって
治したいです!!!

遠慮している暇なんて
ありません!!

引用:心の声-KOKORO.小林麻央のオフィシャルブログ

小林麻央さんの奇跡に対する受け止め方の違いはこれがベスト?

小林麻央さんの奇跡に対する想いの爆発の受け止め方が、麻央さんの担当の医師と夫の市川海老蔵さんで大きく異なっているのが特徴的です。

麻央さん担当の医師の先生は、麻央さんの治したい、奇跡を起こしたいという発言に対し

先生は、2、3秒、間をあけて、

「奇跡を起こすには、
着実な一歩一歩を踏むことです。
それなしに、奇跡は起こりません。」

と言いました。

引用:心の声-KOKORO.小林麻央のオフィシャルブログ

※太字は筆者によるもの

格好いいですね。青年誌の主役を張れそうな発言です。

奇跡という不確かなものに対しても、不確かな助言をせずに確実で、着実な一歩を提案しています。

がんという病気に、特効薬という手軽な奇跡が存在しない以上、努力や治療などの確かなものを少しずつでも積み上げていくことで、治癒という奇跡にたどり着くと言っているのではないでしょうか。

励ましとも、現実の突きつけとも取れるこの発言は、なかなか出来ないと思います。

一方、夫の市川海老蔵氏は、自身の運営するブログ「ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ」で、妻の小林麻央さんが想いを告げた10月3日のブログ記事をリブログし、とても大きく発言しています。

おれがたすけるーーーーーー!!

 

微力ながらですが、

 

 

おれも助ける。

引用:”心の声”-ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ

まるで少年漫画のような格好良さです。

ロビンが囚われたときのルフィに似ています。

スーパー歌舞伎の「ワンピース」では同じ市川一門である市川猿之助さんが主人公ルフィを熱演していましたが、市川海老蔵さんも十分に少年漫画の主人公感は出ています。

がんのような重い病気になる程、医師だけではケアやフォローしきれない部分がどうしても生まれてきてしまいます。

しかし、隣にこんな少年漫画の主人公がいれば、小林麻央さんも奇跡に向かっていくことができるのではないでしょうか。

2. がんが自然に治るという「奇跡」に関する考え方

大きな手術をしなくても、抗がん剤や放射線治療に頼らなくても、がんを治せるなんて、そんな奇跡なことが起こるのでしょうか。

実は、医学的に見ればもはや治癒は望めないがん患者が、回復を果たす「劇的寛解」と呼ばれる現象が起こっているそうです。

がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと
がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

著者のケリー・ターナー博士は、奇跡的な回復を成し遂げたと報告されている論文を1,000件以上分析し、全世界(もちろん日本含む)の元がん患者と代替治療者にインタビューしています。

「がんが自然に治る」では、インタビューの中で見つけた9つの共通項を紹介、解説するとともに、がんに悩むすべての人と支える人に向けて書かれています。

9つのうち、1つ1つは本当に確実なこと?

「がんが自然に治る生き方」では、奇跡的な回復を遂げた患者の誰もが、優先度や認識の違いなどがあったにせよ、全員9つすべてに取り組んでいたとされています。

その9つがこちらです。

  • 抜本的に食事を変える
  • 治療法は自分で決める
  • 直感に従う
  • ハーブとサプリメントの力を借りる
  • 抑圧された感情を解き放つ
  • より前向きに生きる
  • 周囲の人の支えを受け入れる
  • 自分の魂と深くつながる
  • 「どうしても生きたい理由」を持つ

本の中には、正直冷めた目で見ると、鰯の頭レベルの体験談も含まれていますが、実際に奇跡とはそういったものから起こるのでしょう。

恐らく、小林麻央さんが起こしたい奇跡は、この中にあるのでしょう。

小林麻央さんのブログに出てくる言葉「治したい」から読み取ってみる

「治したい」という言葉を、患者さん本人が発するとき、そこには強い意志がこもっています。

この言葉を発することが出来るようになったなお、医者の言うことを聞かない方が良いと言っているわけでは決してありません。小林麻央さんは、既に「抜本的に食事を変える」「治療法は自分で決める」の2つにはすぐに取り組めるのではないでしょうか。

薬や医療の力を借りて、受け身の姿勢で「治りたい」と言っても、自分で変えたり決めたりすることは出来ません。

なお、医師の言うことを聞かない方が良いと言っているわけでは決してありません

医師のような専門家を信頼し、きちんと相談を重ねたうえで、自分の身体の最高決定機関である「自分の意思」による判断を下すことが大切です。

自分の意思による判断が下せるようになれば、自然と「直感に従う」や「より前向きに生きる」の実践に繋がっていくのではないでしょうか。

「抑圧された感情を解き放つ」の実践はご夫婦でやってみたらいいと思う

この本では、誰でも簡単に9項目の内容を実践できる「実践のステップ」が紹介されています。

中でも、「抑圧された感情を解き放つ」の実践を紹介します。

感情をコントロールしなければいけない職業、歌舞伎役者の市川海老蔵さんと元アナウンサーの小林麻央さんにとってお茶の子さいさいではないでしょうか。

本で紹介されている実践のステップは、「感情的になった瞬間のリストをつくる」というものです。

今までの人生の中で、感情が昂った瞬間をいいときでも悪いときでも思い出して書き出していきます。

書き終わったら、リストを読み直して一つひとつの出来事を思い出します。

失敗談や甘酸っぱい思い出、黒歴史も出てきます。

全部読み終わったら、自身の過去が満載のリストを捨てちゃってください。三角コーナーへポイポイっして下さい。

感情的になった瞬間のリストづくりの効果

自分が感情的になった出来事には、単純な喜怒哀楽では表せないものが詰まっているはずです。

一度掘り起こして確認した上で、しっかりと処分することで、言い表せない内面に埋もれた感情たちを手放してきれいにします。

そうすることで、風通しが断然良くなります。

他にも、良いことは良いことなりの理由が、良くないことには良くないことなりの理由が見えてきます。

また、それらの関係性がつかめるようにもなります。

これから、奇跡という最大級の良いことに向かって突き進んでいくわけですから、関係性を認識しておくのも大事な作業になります。

市川海老蔵さんがこの表を作ったら・・・。

こういう作業は、一人きりで行うよりも、信頼できるパートナーと一緒に行えば、メリットは2倍、デメリットは半分になっていくものです。

ですので、市川海老蔵さんもこの作業に挑戦してみれば良いのではないでしょうか。

きっと、六本木や赤坂で巻き起こした武勇伝の数々も精算できるに違いありません。

「奇跡」という最大級の不確かさと綺麗ごと

これから小林麻央さんと市川海老蔵さんが挑もうとしている奇跡は生半可な覚悟ではたどり着けないものであると思います。

実際、本書を読んでみても、神に出会うレベルまで意識を高めるといった自分のステータス全振りな方もいらっしゃいます。

小林麻央さんも、病魔や現代医療の限界、そして自らが言い放った「治したい」という言葉に負けてしまわないように治療を続けてほしいです。

そして、この本の第2弾が出たときは、奇跡の回復を成し遂げたジャパニーズアクトレスとして紹介されるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
calooマガジンの最新情報をお届けします
コメント
まだこの記事へのコメントはありません。