腸炎ビブリオ食中毒

腸炎ビブリオ食中毒は、腸炎ビブリオという細菌によって引き起こされます。主な症状は深刻な腹痛、下痢です。発熱やおう吐、吐き気ですが、これらは数日中に回復します。原因となる食品のほとんどが、魚介類やその加工品です。菌の特徴は、低温や十分な加熱、真水に弱いため予防にはこれらの処置が必要です。増殖が速いため、特に夏場は生の魚介類を常温で放置しないでください。

「腸炎ビブリオ食中毒」の新着記事